マカオ旅行ダイジェスト

とりあえず3行でまとめます。

・・・なんて悠長なことしてる場合でもなく。

旅行明けの仕事が溜まってて。あれだけ調整したつもりなのに、トホホな感じで毎日過ごしています。

とは言え。

社員旅行に行った証を記さないとね、と思ったりしてるので簡単にダイジェストにてまとめます。

1、飯は関空で食べた寿司屋が一番美味かった。

2、バンジージャンプ飛んだ吉岡君は凄い。

3、ヴェネチアンホテルマカオはでかすぎ。ただひたすら。

旅の総括はこんな感じ。

マカオはポルトガル領だったので探せばポルトガル料理があります。アフリカンチキンだのなんちゃらかんちゃらのカニだの、中華系とは幾分違う感じがしますが初日に食べてきました。

ホテルの中にあるポルトガル料理は1件しかなかったのですがググって歩いて食べてきました。しめて2800香港ドル。

めっちゃ高いぢゃん(´;ω;`)

さすがに初日でテンションも高く、みんなでワイワイ言いながら現地で食べたので美味しかった気がしますが、実際は出発の関空で食べた寿司屋の方が遥かに美味しかった。。。

二日目。

マカオタワーってとこにアトラクションとして「バンジージャンプ」がありました。一応世界一位の高さで233m。

うーーーーん、めっちゃ高くて。

ほんと怖くて。とりあえずスカイウォークというマカオタワーの展望台の外を歩く、という度胸試しを皆で(工場長は撮影組)遊んできましたが・・・もうずっと怖くて叫んでました。

そんななか、マシニングの若手のエースがなんのためらいも無く、躊躇することもなく、笑顔で、バンジージャンプをあっさりと完遂。精神構造がおかしいんじゃないかとその後の接し方を考えないといけないな、と闇を感じながらマカオタワーを後にしました。

 

いや、ほんとあれは無理ですって。

で、ホテルに帰りみやげものを散策したのですがホテルのその大きさといったら比類なく。大人でも迷子になる、って前評判でしたがホントわかる。しかも幾重にも連なるショップ群には知っているハイブランドがわんさかで。

「あー買えない」

「無理」

「論外」

みたいなやけくそな感情でウィンドショッピング。

シャネル・グッチ・ヴィトンが5分に一回出てくる、みたいな感じで(笑) 道を歩けばハイブランド。誰がこんな買うの?と首を頭を捻りながら歩いていました。

面白いことに、その逆のコンビニみたいな軽く購買できる店が無い。もう全く全然1ミリもいや1μもただひたすら一切無い。

なので夜中部屋でポテトチップス食べようにも購入する場所が無い。なんなら自販機も無いのでホテルのミニバーを漁るしかない。

なんでしょう、この変な憤り。

ホテルをこんな豪華絢爛にしなくても、もっともっと部屋の人が快適に住むための普通の事を徹底してほしい、と心の底から思いました。

ホテルの外に出たら?、と思いましたが外に出るのも15分くらいかかるし、命からがら外に出ても外は広大な敷地がまだ続くうえに、ヴェネチアンホテルマカオ以外にもファイブスターホテル群に飛び出るだけでコンビニのような店があるわけも無く。もうね・・・ひたすらに無常を感じる毎日でした。

ま、それでも。

皆でアホみたいに笑って。

マカオタワーでは叫んで。

カジノで泣いて笑ってちょっと儲けた子もいて。

最後、寝坊して飛行機に乗り遅れるかも、という失態もあったりしたけども、それでも。

友達でも無く、家族でもなく、いつも一緒に仕事してる社員の皆さんと遊んで食べて笑って(言えない事もあったりなかったりして)そういう事を一緒に経験することで何かしら目に見えない結束・絆みたいなのがほんの1ミリでも強くなるとしたら、日々のストレスから解放できたら、たった1つでも何かしらのメリットがあったのなら、主催者としては嬉しいかな、と思うばかりです。

絆、とか胡散臭いこと書きましたけどキラキラ系ブログではありませんのであしからず。

それでも。

みんなのこと理解増えて。

理解してもらって。

仕事が少しでもやりやすくなったら。

仕事は楽しくなくても仕事のメンバーが仲良かったら辛い時間も少しでも軽減されませんか。

それもこれも私のエゴかもわかりません。

旅行行く時間休みにしたい。

そもそも旅行行きたくない。

旅行分金くれ!

とかなるかもわかんないですね。

・・・

ま、それはそれで。

もしも仮にありえないけど、人が増え大きくなると色々意見あるだろうから。

なもんで今はこんな感じでこじんまりと遊べてたらいいかな、なんて思います。

さてさて、来年はガラッと変えてUSJに社員旅行行きます!!!

え、、、大阪だろって!?

・・・色々諸事情があるんですよ!バカ!!!

結構散財して涙しか残らない社員旅行となった八尾市の加工屋株式会社テラダの中の人です(笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です