手研ぎバイト

薄い加工してますと度々手研ぎバイトのお世話になります。

市販のチップの恩恵を受けたいところはヤマヤマですが、ビビッて刃物が入らないんだもの仕方ない、って話です。汎用旋盤なんで機械の剛性足らないとかそういうのはあるのかな、とは若干思いますが。。。

SUS316Lで外径270φ、厚み8ミリ。

ん、そんな薄くないな、とは思うんですが手研ぎでバリバリ削ります。

豪快に加工している姿だといいんですが1.5ミリくらいですかね。加工はできてるからまぁ切れてくれてるんでしょう。

手研ぎのバイトはまぁ・・・ほんと面倒です(笑)

何が面倒って、なんせ取り扱い注意ですよね。

①硬度が上がってる黒皮部分の切削

②ブランクなフランジ等、センター付近の切削

・・・①はまぁどないでも対処できます。

でも②、これが結構厄介で。

刃先高さが合わないとか、切り粉の処理等、油断するとすぐ刃先が欠けちゃう。もうそれはそれはいともたやすく(笑)

欠損が怖くてコーナーRを大きくするとキレが落ちるし。

難しいもんですね。

亡き師匠にこの動画を見てもらったら鼻で笑われるのは間違いありません。ステンレスをアルミの如く加工していた様はまさに職人。。。あんな人に近づくなんて不可能ですが、もっともっと研いで研いで研ぎまくって、少しでも技術を習得せねば。

毎日修行。

ほんと手研ぎバイトは難しい。

そんなおセンチな2月最終日です。

株式会社テラダは大阪府は八尾市の町工場です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です