限界

機械には限界があります。

加工能力ともいいますが、大きさ、主軸速度、様々な条件を満たす案件のみ加工させてもらっています。(当たり前)

機械からはみ出したりアクロバティックな加工も時にはありますが基本的には怖いので機械からはみ出るときは気軽にお断りさせて頂いております。

SUS316で514Φのt12のフランジ。

ギリギリ回る大きさです。

と、思って何種類か見積してたんですが・・・

はい。

失敗(°Д°)

見積ミスです。

その中で一枚、514φで長さが230ミリという図面がありました。

なんとかチャッキングできるからこのくらいでいけるかなっ・・・って見積をサラっとしたあの時の私バカ(°Д°)

あぁ、あの瞬間に戻りたい(´;ω;`)

そうなんですよ、

大きすぎて長すぎて3つ爪のスクロールチャックでは把握不安満載です(当たり前)

で、急きょ先日の入札会で500φの4つ爪を落札し、さぁ加工開始だ!と、思ったら・・・

今度は大きすぎて硬爪が当たる(°Д°)(°Д°)(°Д°)

色々考えましたが結局ワイヤーカットで爪をぶったぎりました、、、もったいない(´;ω;`)

 

と、紆余曲折すぎることがありましたが無事加工することができました。

ちょっと色々あるので全部は見せれませんが結構薄くて大変でした。

この製品を加工するためにかかった費用。

①4つ爪チャック(500φ)

②上記硬爪ワイヤーカット(4個)

③上記写真にも写っていますが刃物台増強ホルダー自作

あ、

④4つ爪チャックを付けるための主軸との連結アダプター自作

・・・か、、、、完全なる赤字(°Д°)(°Д°)(°Д°)

4つ爪買った時点で赤字(°Д°)

何が一番痛いって、治具とか作ったり考えたりしている間機械動かないってのが一番つらくて泣

あーーー

見積って本当に大事です。

なので!

これを糧にするために!!

500φ程度のフランジ加工もなんとなくできる大阪府は八尾市の町工場 株式会社テラダ です♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です