次の一手

9月は面接が多くてほぼ機械回せてません。。。

7月から来てくれている19歳の新人君がいい感じに頑張ってくれているのでほんとお陰様で助かっております。

「え、お前職人やろ機械回さんで何するの!?」

そんな御声が脳内に生成され色々聞こえている毎日です。

営業ができるわけでもなく、経営戦略があるわけでもない(ないことないけど)

そんな私にできること、そうそれは。

キラキラな経営者になること。

・・・絶対やだw

アレは無理。根本的な問題があります。

人脈ウェイ♪

シャンパンウェイ♪

情報商材かな、・・・詐欺かなって、思いますね。

そんなキラキラな経営者にはなれないですが、私には会社がうまく進めるようにまとめなきゃならない、というミッションが課せられておりまして。

7月からの第二工場が立ち上がって早3か月が過ぎました。

そらぁ、色々な問題があって。

できることとできないこと、があって。

問題を放置して野放しにして走っている設備投資もあって。

夏暑い問題があったのですが部屋を綺麗にする(軽天+5馬力クーラー)で〇百万は今はつらいなぁ(もう9月だし悩んでいる間に寒くなるか)とかとか。

そういう大きな問題を豪快に野放しにしつつ。

その他の机が足りない、冷蔵庫が無い、吊り下げ式コンセント動かん、コンプレッサー古すぎる、とかとかとかとか。

そういう社内環境と整えつつ。

でも、それよりも違う次元の人が足りない問題があって。

9月はそんなこんなで面接10人程してたりで。

それもこれもやっと決定しそうで2~3名追加になり10月からは18~9人の会社になりそうです。

今年は人の年かな。

ものづくり補助金を忘れたわけではないからこないだから各メーカーに御声を掛けて遊びにきてもらってますが、メーカーさんもものづくり補助金関係の御仕事ばっかりの御様子でそういう意味ではいい政治だな、と少し思ったり。

新しい機械は何にしようか、と悩んでいる時が実は一番楽しくて。

その後の文章作成だけがなければなぁ、と思いながらあれもこれもと検討しております。

株式会社テラダは研究機関向け装置メーカーですが、それに負けず劣らず旋盤加工やマシニング加工が得意である希少な会社です♪


「次の一手」への1件のフィードバック

  1. こんにちは 大光電気 由城と申します。
    工場拡張されたのですね。
    一番大変な時に難解な内容の依頼をしてしまったような

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください