真空フランジ

超高真空下で使用される部品が多いので真空フランジ(この呼び名であってるのかな)をよく使います。

使うだけではなく、作るももちろんありますが真空フランジって少し繊細で。

繊細な箇所はエッジなのですが、エッジで銅パッキンとかとかを潰して真空を保たせる設計なのでどうしても傷や面粗度が厳しく。

今回加工したのはそれの六方体ver。

エッジの先っちょが少し制御しにくくて。

っていう話。

株式会社テラダは超高真空装置向けの部品加工に手慣れております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください