2019年 総括(長いよ)

さてさて2019年もあと数時間となりました。

今年はみなさまいかがお過ごししましたか?

昨年決めた豊富や思い、を少しでも叶えることができましたでしょうか。

あと数時間ありますのでやり残したことあったらしちゃってくださいね。え、もう時間ないよ、って?

でもまぁ時間なんてほんと作んないとできないもんですから。

せめて思い立ったのなら、思い残しているのなら全部できなくても初めの1歩くらいは勢いでやっちゃいましょ。

って、ことで今年も一年ありがとうございました。

毎年のことですがat言うまに時が過ぎて、at言うまに年が終わる。そのatの時間が年々早くなっていますね。

数学的にも分母を実年齢とすると年を追うことに、と言うことで早くなるのは当然のことみたいですね。意味はわかるんですが、時間は絶対だと思うので・・・ってやつです。

閑話休題。

今年の弊社はチャレンジでき成長できた年だと思います。

まずはやっとの想いで設計さんの雇用に成功し開発戦略部なる部門を作れました。実績は、と聞かれるといやはや難しいのですが今までは入ることの難しかったエンドユーザー様の所に色々と伺わせて頂くことができて刺激となり私的に楽しかったです。まぁ種まきと言うことで今年は色々と勉強させて頂き、中性子研究所様や東京大学柏キャンパス様、その他、ニシヘヒガシヘ多くの研究所様や大学へと足を運べたのはとっても楽しかったです。

来年は真空装置メーカーとして1台でも多くのお客様に届けたいな、と言う想いがまず一つ。

二つ目は今、ずっとまとめているクライオスタット・冷凍機のメンテナンス事業を全国的に対応できるようにする。

三つ目は第二工場を上記のクライオスタット等の組み立て・メンテナンスを対応できるように建屋を用意すること。これは製造現場として用意せず組み立て・メンテナンス専用工場となりそうです。

四つ目は人の増加。2〜3の対応をするためにしっかりとね。すでに決まっている人もいたりいなかったり。

五つ目は経営革新の所得。これは少しビビってますがw

六つ目は顧客数の拡大。現状で35件ほどある(平均)顧客を来年は50件以上へと増やしたい。

七つ目はホームページをなんとかしたい笑 ワードプレスでなら簡単に作れるけども、、、うーん。悩む。

とかとか書けば書くほど色々ありますが1個1個進んでいこうかな、と。

あ、そうそう。

12月末にね第一回全体会議を開催しました。

今年の話やら来年の抱負。

旋盤チーム、マシニングチーム、検査、営業、設計、事務。

各部門から細かい話から、大きい話まで全ての問題点や改善点を出してもらって話し合い。

今までそう言うきちんとした「会議」なんてしたことなくって。

でも人も増えたし。年齢も若くなったし。それぞれ人の思いもズレが出てくるし。

現場2人でやってるときはお互いの思いだけで意思疎通できてましたが現場6名となるとそうはいかなくって。しかもうちは単品屋でしょ。多いときは400案件程度動くので毎日の打ち合わせからのブラッシュアップ・工程会議が必須になって。そんな中細かい問題点が続出したりで。

なもんでみんなで会議を開催しました。

すごく白熱した瞬間もありながらもみんな来年に向けて真剣に問題定義してくれていい時間を過ごすことができたと思います。

Instagramでも書いたのですが、6年半前までは現場二人の総勢4人の会社でした。

今では11人。

来年にはあと数名正社員入りが決まっていますし「テラダ大丈夫か!」と言う声をよくお聞きしますが大丈夫じゃないから仕事ちょーだい、と言う感じです笑

 

最近ね、楽しい職場にしたいと特に思うようになってきました。

よくビジネス書とかに書いてそうじゃないですか。

馴れ合いあかん、とか嫌われ役必要とか。

それはもういいです。

そんな当たり前のことは十分わかってる。

それを踏まえた上で、うちはこれでやっていくの。

社訓「明日来たくなる会社」

絶対無理とか、ありえんとかあるとは思うけども。

それは置いといて。

ルールに従って仕事して。

お給料頑張って。

みんなのこと思いやって。

モノづくり楽しいな、と思える。

ここまでを大前提とした会社作りを私は頑張っていきたいと思う所存として年末の挨拶と返させて頂きます。

今年一年も相いも変わらずつまんない内容ばかりでしたがお付き合い頂きましてありがとうございました。

新年になりましてもまぁ変わることなくグダグタだと思いますが何卒よろしくお願い申し上げますとともに良き年末年始をお過ごしください。

それではまた来年まで。

株式会社テラダは真空装置メーカーとして新規クライオスタットの製造・設計・メンテナンスを対応し、超薄物旋盤加工を筆頭に研究部品の製造を生業としております八尾市の装置メーカです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください