サーフテスト

表面粗さの測定器具を買いました。

と、言いましてもかれこれ半年くらい前になるのかな。

あんまり出番ないような気がしますがここぞというときに稼働してくれる素敵な測定器具です。

ちょっと色々とありますのでワークは割愛。

図面では0.4指示だったので良とします。

あ、でもね。

表面粗度にも公差があるんですって、皆さんご存知でしたか?

私は全く知りませんでした!!!!!!!!!!!!!!

綺麗だったらいいんぢゃないの!?

と、思っていましたが先日。

Ra0.16の粗度の製品を0.08で仕上げして納品したら「粗度細かすぎるのでもう少し荒くしてください」とクレーム?があったんですよ。

たわしで触っておきなさいと言いそうになりました

でもよくよく話を聞きますと粗度にも公差があって綺麗すぎると反射やら粒子だか、なんだかんだと理由があるそうです笑

超高真空装置を得意とする部品加工をしているとキズ一つで不良、となることが多くあります。(ま、当たり前ですが)その中でも特にこの面は綺麗に仕上げてね、と言うときにサーフテストがあればもう迷わなくて済みますよ!

しかし、、、測定器具って、、、直接的にお金を生まないから、、、、、めっちゃ、、、、買いに・・・・く・・・・

刃物1本、ネジ1個に目を光らせて購入品を集める株式会社テラダは表面粗度を測定できます♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください