令和3年style

2021年も一か月過ぎましたね。

今年はどんな年になるかな~♡と色々な思いで過ごした年末の思いがいい感じに薄れてきたのが現実ですが。

1月には新しい23歳の設計士の雇用に成功し、2月からは超実力者の雇用も決定しました。

それに伴い2階の事務所が狭くなってきたので事務所と兼用であった応接室を最後の空き部屋に移動しました。

3年前はこの空間に事務員さん1人ボッチだったなぁ、と改めて感慨深い思いになったりしましたがいい感じに手狭になってきました。

応接室が写真奥にあったのですがうまいこと最後の空き部屋に移動できたのでこの事務所は部外者立ち入り禁止となりましたが。。。

で、23歳の設計士のさんはとても優秀で1を言えば10を察してくれる、とっても仕事しやすい存在です。車好きで自分でエンジン降ろして分解しては組み込み、という高尚な遊びを楽しんでいるモノづくりをするために生まれてきた神の子のような存在で。

しかも今までの職場で3DCADはもちろん、CAMもちょろっと触っていたそうで普段の設計の仕事の合間にちょっとCAMも面倒見てもらったりで大活躍となっております。

極低温や超高真空の知識はありませんでしたがこれからゆっくり覚えてもらってゆくゆくは設計の柱(または上弦?)になってもらえると嬉しいな、とこっそり考えています。

さて2021年になり装置の方が順調でお陰様でリピートの注文もあったり、九州大学~東北大学といった日本全国多くの御客様からお問い合わせ&受注が決まり事務所も現場も焦りながら?ゆっくり?対応しております。

そんな訳で知名度も昨年度より1μ程度向上し実績も増えてきた為か、最近では弊社に入社したいという声もチラホラ聞こえてきたりありがたい話ですね。

それと併せて関東での商社様からテラダのクライオスタットを代理店契約させてほしい、との問い合わせも頂いたり着実に前に進んでいるのかな、と再認識。

今年度の目標は昨年度の1.7倍。

人数も増え、着実に実力(技術)も上がり処理できるJOBも大きくなってきました。

今まではちょっと難しいかな、と思われる1装置数千万というスペシャルな案件も舞い込んできたり日々の忙しい中で新しいことに挑戦できる、という余裕?も生まれそうです。

「中堅企業になる(大企業と言わないところが自信の無さの表れ)」

と、最近の目標を掲げ、

装置メーカー/加工メーカーとして2021年も遮二無二駆け回りたいな、と改めて宣言したいと思います。

株式会社テラダの中の人は現在めっちゃ嫌な旋盤加工最中であまりにも嫌すぎてストレス発散の為にブログ更新している気弱な人です笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください