内径深溝は続くよいつまでも。

以前、内径深溝加工してるんですよー、とブログで苦労をのたうち回っておりました。

あっれは今思い出しても大変でして。

1か月ずっとそのワークに携わっていましたが夜も寝れない毎日を過ごしておりました。

技術って困って頭打った時に入る、と自負しておりますがあの時の技術は永遠忘れない、とさえも思っており終わった今は幸福感でいっぱいでした。

ネクストがこない間まではね。。。。

次は4種類×4個。

小さいのから大きいのまでご丁寧に松竹梅鶴亀・・・とでもいいましょうか。

以前、加工したのはハチャメチャサイズだったので今回の手のひらサイズからちょっと大きめな図面見たときは「楽勝」と思っておりましたが残念な道中を過ごしております。

今回は真逆の小さい深溝。

ホルダー15φに突き出し9ミリ程度。

これを手研ぎでレッツチャレンジ♪

1本目、根元で折れる。

2本目、欠ける。

3本目、曲がる。

4~5本目、記憶から消える。

なんとか6本目で成功。

今回もまた同じようになかなか大変でした。

で、破材でトライしたものを切断し完成を確かめるの図。

このワーク達を加工してる間は「前のと比べたら楽勝楽勝」と、ずっと思っていたのが情けない。。。

小さいのも難しいよ!

と、受注前の私に声を大にして掛けたい。

そんなアンニュイな火曜日でした。。。

株式会社テラダの中の人は内径深溝加工が苦手だと思います。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください