単品屋

HPを作っていると(あ、今年は何も更新していない気がしますが)自分の会社のことを客観的にみることが出来ますよね。

だって、何を書こうかとアップしようかと死ぬほど悩むから。

無いネタを探して探して

「あ、そうだウチってこういうのやってたな」

とか、無理くりHPやらブログやらにアップします。

と、書くと語弊になるんでしょうが、いやまぁそんな感じです。

そんな中で、よく使うHPのキーワードで「単品屋・単品専門」といったフレーズを好んで使用します。

これが凄く曖昧で。

人によっては10個でも単品でしょ、となるし。

企業様によっては1000個でも単品となっちゃう(そうです)

1万人の会社でも中小企業かよ、って感じのノリですね。

ちなみに私が言う単品とは「1個」です。

1個の袋ナットとか、1個のスリーブ。

1個の薄物旋盤加工とか、1個の角ネジとか。

アリ溝とかもそう。

 

そういった牧歌的な仕事を3本の柱の一つとしてやっていきたいな、とHPを立ち上げた数年前は思っていました。

人によれば単品でよく売り上げあがるな、と言われますが・・・やっぱりあがりませんよ(笑)

でも、単品って都合いいんですよね。

仕事の間と間に挟めるから。

細かく仕事を埋めれます。

と、いうことで単品加工は単品屋へ。

絶対そのほうが納期的にも価格的にも私は合うと思います。

3本の柱の1つ、単品専門ごり押しデーな八尾市の町工場 株式会社テラダ は超薄物旋盤加工を得意とした単品専門の町工場です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください