無酸素銅に雄ネジ・・・

銅ってどうですか?

って、言うとそれはそれは洒落た言葉遊びだと思いますよね。

だがしかし。

リアルガチな御話で、銅って加工難しいですよ。

ネバいし、ネバいし、ネバいし。

 

いや、まぁよく加工するので「銅ってどうってことないよ」と言わなくちゃいけないんですが。

長さ200ミリ程度の市販の電極なんですが、先端M12をM8に改造する、という加工を頂きました。

把握するところに傷はよろしくない、とのことなので治具で把握しいざ、加工。

ネジは悩んだんですが「ダイス」で加工しました。

・・・・

はい、ネジ切れました(/ω\)

うーん、実績あったのにな、ダイスが古くてキレが落ちていたのも原因の一つです。(それは気づけよ、という・・・)

 で完成。

結局、旋盤でネジ切りをしました。

M8のピッチ1.25だったんですよ。

これが凄い手間で(笑)

汎用旋盤使われる方ならすぐわかると思うんですが、、、

落としの位置が4か所でして。

いえいいんですけどね。。。

いいんですけど、、、、

って、話です(´;ω;`)

 

性格がせっかちで落とし4か所が待つのがつらい 八尾市の町工場 株式会社テラダ の中の人です(笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください