相も変わらず薄いワーク

8月も下旬に近づいてきました。

装置の方は長い長い種まきシーズンがようやく終わり、やっと受注が連発で決めてきているので年末が忙しくなりそうだわ、とやっぱりのんびりしております。

その中でも○○○のシステムを活用したバカでかい装置の受注が決まりまして。やっぱりウチの営業、設計さんは有能すぎるな、と改めて再確認。

年末~年始の納期の装置が立て込んできたのでもう少ししたらハードモードにやっと入れるかな、と出図のタイミングを指をくわえてまっている状況ですね。

加工の現場の方はそんなこんなでドタバタはしてないけども、暇もしていない、というなんだか一番気持ち悪い様相で。

もーすこし忙しく逝きたい行きたいな、と思っております。

そんな中でたまたまではありますが薄物のワークが連発できたのでチラみせ。

生意気にもこの状態で精度あるので歪だして~精度だして~、と大変なようで、という案件でございました。

つぎっ

まぁ、この手のリング加工は通常なので別に、というところですがフォルダーを見ていたら写真撮影して頂いていたのでとりあえず、アップしておこうかな、と。でもt3なんで歪むんですよ、こいつも。精度もそれなりにあるしで。

これは薄いというか細いというか。

大儀でくくれば薄い、にもなるのでしょうか。下の製品が先端0.95φ 0~0.05mm。持ってるのがマシニングで1tに削ってます。装置で納入した研究機関さんから加工物の依頼でしたっ。

広報さんが現場で撮影してたので調子にのってピースしてたら写真とってくれました。何が薄いって・・・「髪」なのかっ!

加齢とともに薄くなってきたなぁ。

無くなる前にパーマしよ。。。

株式会社テラダの中の人は11月にパーマかけるためにすでに美容室の予約を取っているやる気満々な人です笑

「相も変わらず薄いワーク」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください