薄いフランジやだ×3

最近、カレイのせいか太ったせいか暑さの我慢ができなくなってきました。

1Fの現場から2Fの事務所に入った瞬間は快適な温度!とテンションもあがるもんですが、1分後には・・・なーーーんか若干暑いのよ。。。と思う初夏を過ごしております。

基本的に寒がりの暑がりな私はひたすらにワガママであると自覚しておりますので仕方ないんですけどね。

で、最近は半導体の御客様が忙しいそうで真空装置で使われる(だろう)薄いフランジの注文が多め、な気がします。

材質はチタン。

t2で平面度0.1で開口がガッツリあるので歪みが気になります。

とにかくこの手の平面度縛りのフランジが多い。

変に加工したら反りが出るし。

旋盤では精度よかったのになーーーー

マシニングで開口したら歪むやんかーーーー

とかとか。

そういう悩みの薄いフランジ加工が大変多いって話です。

治具で押さえて♪

歪を抑えて♪

秘密の御誘い~イエェーーー♪

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・

とりあえず次の雇用する人は音楽できる人がいいですね。

ラッパーとか?

株式会社テラダの中の人は真剣に遊びを考える真面目な人です笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください