チタン×深穴×スモウカム

先日、チタンでボリュームある製品がありまして。

旋盤もマシニングもイカツイ感じでしたがお値段もイカツイので欲しかった工具沢山買いました笑

驚きの出来事なのですが写真が無くって見せることができないのが残念ですがなかなかに手間が掛かる製品でした。

18φで深さ110ミリ。で穴底をボーリングバーで挽かなければいけなくて。

やっと買える!

と喜んでゲットした「マグネシウムスリーブ」♪

普通の超硬ボーリングバー♪

と、

穴明け時に必要とした「スモウカム」

・・・

・・・・・

・・・・・・

スモウカム。

腕噛む。

ウエルカム。的な?

嬉しくて写真2枚アップしちゃいます笑

何気に初めましての刃先交換式♪

普段は住友さんのスミドリルなので2枚のチップのやつでして。

1個の刃先は新鮮ですね。

耐熱合金はイスカルさん、とはいいませんが安心の、信頼の、という感じでしょうか。

写真ではフラットですが、加工時はドリル形状で先に明けてから~フラットで突く、という工程でした。

価格はええ値段しましたが、ワーク数量が結構あったので効率よかったみたいです。

で、この刃物で下穴あけて~マグネシウムスリーブ+超硬ボーリングバーでチロチロ加工しておりました。

この後のマシニングもCAMで綺麗に加工してくれて、最終検査もオールクリア♪御客様から喜びの電話もあったりで、気持ちよくできましたね。

いやー、ほんと自画自賛ですが。

なかなか完璧な製品と相成りました。

え、成功の理由ですか?

私が旋盤加工しないで20歳の若手のT君に任せた私の選球眼ですかね笑

もうね、育ってくれて嬉しいことこの上ない。

頼られないとなんだか寂しいなぁ、と思う今日この頃でっす。

株式会社テラダの中の人は寂しがり屋みたいです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください