真空ロウ付け

ロウ付けのロウ材にも色々な種類があります。

ワークの形状によりロウ材も変われば線径も色々選ばないといけません。

 

 

そんな中、とある図面にZn、Sn、Cd不可と指示があったロウ付けがありました。

皆さん、覚えていますか?

私はSnがわかりませんでした(笑)

正解は、亜鉛、スズ、カドミウムです。

で、そういった成分が含まないロウ材となると種類は多くなく、必然的に真空ロウ付け屋さんへと御願いしないといけませんでした。

で、先日ロウ付けができあがったのが帰ってきました。

 

おぉ、流石に綺麗です。

 

・・・・あれ、ピンボケですかね(笑)

再度・・・

ロウ材が均一に施されている完璧なロウ付け。

ヨーロッパで使われる製品ではRoHS規格という制約があります。

そういった場合にはこういう真空ロウ付けが必要なんですね。

毎度毎度ではコスト的に難しいのですが、必要不可欠な加工となっちゃいます。

そんな真空ロウ付け可能な会社知ってます な大阪府は八尾市の町工場 株式会社テラダ のです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください