端面の溝

なんかブログに定期的に出てくる「端面の溝」加工ですがこればっかりはほんとやっかいです。なんせ手研ぎじゃないと入らないし結構難しいです。端面の溝それ自体はまぁそれなりなんですが、その溝の形状が深かったりしたらほんと吐く・はげると散々です。

finished!!! #machinist #manualmachinist #manuallathe #lathe #stainless

atsushiさん(@terada.atsushi)が投稿した写真 –

深さもそうなんですが径が小さいってのもネックなんですよね、バイトの2番を削らないといけないのでビビりがでてくるわ耐久度が落ちてくるわで難易度があがります。1万本バイトを折った僕ですが半分以上がこの端面のバイトですもん(笑) これはSUS304ですが銅とかで数十ミリ入れてごらんなさいよ。ほんとバイト何本あっても足りないから(笑)

って、ゆう話。

大阪府は八尾市の町工場 株式会社テラダ の中の人は汎用旋盤の職人です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください