東京出張へ

町工場で働く職人な私が「出張」って書いたらなんかすごくカッコよく感じるんですが間違っていますか(笑)

と、言いましても。

どうしても職人な頭なので出張している時間は売上ゼロという現実が離れなくて。

そうゼロなんです。いやむしろ経費使うので赤字ですね。

なので出張なんてめったに行けるもんではありません。そらそうですよね稼がないといけないもの。毎日朝から晩まで旋盤回すのがお仕事です。

だがしかし。

そればっかりもやっぱりよろしくないのかなぁ、と最近考えを改めるようになる人と出会いまして。

今までの私は、仕事は頑張るのは当たり前だし早出残業なんでもござれ、という働き方は嫌いじゃないし、いやむしろ好んで遮二無二働いておりました。

でもね、それは「今」のすべき仕事しかしていないんですよね。

目の前にある仕事を毎日毎日ひたすら追っていることになるんですが、結局「未来」の事を考える余裕もなくなり、その日の仕事を消化することしか考えることができなくなりました。

それって会社を作っていく人間としていいことなのでしょうか。

よく胡散臭いビジネス書とかで書いてあるじゃないですか。

未来に繋がる仕事を日々意識して動きなさい、的な(笑)

いやでもね、きっと正しい。

私には不動産屋さんで頑張っている友人がいるんですが、とにかく働き方が凄い。それは私とは全く違う方法で何千万という売り上げを形成します。もちろんそのためにはとっても難しい試験を突破し、知識、人脈、果てしない努力があってのことなんですがそれでも日々のワークスタイルが歴然と違う。

資格を頑張って所得しようとしている友人もいます。1年かけて勉強して勉強して、朝というか深夜というか徹底して勉強。。。ほんと身を命を削っているようにも見えるその様はとてもカッコいいんですが私はそういう事は皆無でした。旋盤なんか資格ないですしね。その資格を取ると仕事の安定感や信頼感は格段に上がるそうです。

何が言いたいかっていいますと・・・

いや、こんな内容のブログはチラシの裏で十分ですよねw

とにかく、頑張り方を少し変えてみようかと思います。

な訳で、明日は東京出張へ。

もちろん日帰りですが(笑)

ま、気楽に行ってきます♪

あ、ちなみに。こういう悩んでいるときは映画をお勧めします。40代の皆様へ、酸いも甘いも知った人たちの皆様に捧ぐ映画はベン・スティラーの「ライフ」です。

仕事という概念。働き方。多角的に見ることで新しい発見があるのではないでしょうか。

疲れた時には空を見て、空気を目いっぱい吸って下さい。世界にはあなたの知らない風景・景色・生活が沢山あります。今でも世界のどこかで風を感じて過ごし、海と共に生き、時間に捕らわれずに生きている人がいます。LIFE、人生が変わる、、、かもな映画です(笑)

 

と、ブログ書いてる間に特急の仕事依頼が、、、

さてさてどうしましょう(汗)

八尾市の町工場 株式会社テラダは超高真空装置や極低温冷凍機、超薄物旋盤加工が得意です。


「東京出張へ」への3件のフィードバック

  1. こんばんは
    「頑張り方を少し変えてみる」
    私もそう思い始めました。同感です。
    働く時間から働く意義に変えていこうと思ってます。
    メジャー路線 あるいは マイナー路線。
    いろいろあると思いますが、自分に一番合っている路線を
    見つけたいと思ってます。

    1. ご無沙汰しておりますっ。
      鉄職人さんは凄い色々されてますもんね。
      ほんといつも刺激頂いております。
      びっくりする位、いつも悩んでいるだけで行動が伴わない私なもので日々反省を繰り返しいます、、、。

      頑張り方は人それぞれですよね、メジャーマイナー関係なく自分に合っている路線、なるほど凄く納得しましたので自信もってゆっくり進んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください