ブッシュ

図面にすると簡単なブッシュ。

外径35φp6

内径20φH7

長さ155ミリ

SUS304で数量4個。

公差が無ければ簡単なんだけどな(アタリマエ)

と、思いつつ内径の研磨を協力会社さんに相談してみましたが「長すぎてできない」との事。

ですよね、ちょっと長すぎますよねぇ。

真ん中にヌスミ入れて両側から加工するってのはどうでしょうか?と、提案ありましたがこれはお客さんに確認中。

第二案で、BTA→ホーニング、で当たっていますが返事がまだ無い。

旋盤にて内径加工をトンボ(両側からの加工)すればできそうですが、どれだけ振れなくして精度合わせたとしても・・・繋ぎ目に筋が残るだろうしなぁ。

うーん、ちょっとなんでこんな仕様になっているのか聞いてみよう。

そんな悩ましい水曜日の朝です。

八尾市の町工場、株式会社テラダは極低温冷凍機や超高真空装置の部品製造が得意な会社ですが20φで155ミリのH7精度の加工はまだできません(°Д°)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください