ハステロイ祭り終演

それは辛く果てしない挑戦でした。

約3週間前から掛かっていましたハステロイ祭り。

様々なトラブルに遭遇しながらも無事閉幕ができました。

劇中では丸から四角へと加工する4F加工だけで2日掛かったり、

チップが恐ろしい速度で損耗した結果、4ケース買ったり、

下穴をあけるラフな旋盤穴でさえも段階を踏まないと加工できなかったり。

で、最後に残っていたのが旋盤で4つ爪にて内径加工+内径ヌスミ溝加工+ねじ切り、フィナーレを飾るにはふさわしい「め・ん・ど・く・さ・い♡」加工となりました。

こんなのが40個近く。

これが四角のセンターにあればNC旋盤とかで加工もできましたが・・・

センターからずれた位置にあるので泣く泣く汎用での加工と相成りました。(治具を作ってNCでとも思ったのですがNCでの不安が大きかったのでやめました)

でも1個目加工して思ったことが「NCでしなくてよかった」ということです。

やはりハステロイは固い。

なんせ切削硬化を起こすので切粉の処理が問題でして。

20φ程度の穴底にある内径の溝加工がとても厄介でした。

もうね絡む絡む。

こんなのNCでやったら不安しかない。

汎用旋盤だからこそ「あ、切粉詰まってきた」とか感覚がわかるので。

そういう意味で汎用旋盤で加工してよかったです(気がしてるだけ)

さてさて、刃物はツールマイスターの吉岡君に選定して頂きイスカルさんの内径溝バイトを用意。

ハンドルで送っている感覚的にはf0.01より遅いんじゃないかなぁ、という速度。しかも切粉が詰まる詰まる。

加工しては切粉取って、と試行錯誤しながら大ボスのラストは内径ねじ切りです。

このボスがなかなか手間で。

14山のネジだったのですが落としが4か所。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いやだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、幼稚園児の様にブーブー泣きながら一人で加工しておりました。

奥底のヌスミ5ミリくらいあればよかったのですが図面には無常にも「ヌスミ最小」との注意書きが。。。

そんなこんなで要した時間は実に2日間。

ハステロイで内径ネジで切り上げとか話しかけるなコ〇ス状態の鬼モード。

若い子達に「かわってよぉーーー」、とネコナデ声で頼み込んでも

「それ以外ならなんでもしますよ」

と鬼のような優しさで私を抱きしめてくれました笑

そんな中でもお構いなしに電話は鳴るわ来客があるわ。

全集中で挑みたいのに手が止めなくちゃならない。

とりあえず世界中に申し伝えたいです。

「汎用旋盤で内径ネジの加工してるときは話しかけるな」と、いう事を。

とかとか、そんな文句も色々ありましたがひとまず納品も完了し一件落着。

で、工具代を集計したら驚きの「50万」超え。

あぁ無常。

本当になんていうか。。。

もうね辛い(´;ω;`)

ぴえんですよぴえん。

そら高額の売上にはなりますが、だがしかし。

計算したら全然だめぢゃーーーーん(´;ω;`)

もうね、泣く。吐く。

絶対これを次につなげたいですね。

ハステロイの加工したくないけど対応可能です!と、HPにいつの日か書きます笑

八尾市の加工屋「株式会社テラダ」の中の人はハステロイの加工を無事終了し油断している人ですぴえん。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください