12月

まぁ早くて。

12月のしょっぱなから超弩級な自分の中で一番嫌な?仕事皮切りに、一癖二癖あるような仕事をずっと対応していたせいで生きる気力を毎日確実に減らしながら機械を回していました。

で、気づいたら25日。

聖なる日ですね。

特におめでたい訳ではありませんが、私は世界でも珍しい宗教入り乱れてお祭りごとを楽しむ民族の日本人ですのでチキンやらケーキをただただ貪り食っていましたね。

来年だか来月だかに小さな展示会にも出展します。

苦労が泣けてきて全部採用したくなりました。。。

当初は断っておりましたが、八尾商工会議所でいつもお世話になっているKさんから5回くらい頼み込まれたので(2回くらい来社笑)諸葛孔明的な気分で参戦させて頂きます。

販促といいますか、展示物のレイアウトからポスター?タペストリー?を決めなきゃいけないのですが私が機械に捕まっているもんだから全てお任せっぱなしになっていて。目の端では広報担当者がにぎやかに色々作戦会議をされているのを見てはいるのですが全くフォローできてなかったのですよね。それでもポスターやらタペストリーやらの承認が回ってきたので私より何倍も優秀な方々だな、と安心もしておりました。

最近思うんですよね、組織の法則でしたっけ。

2:6:2のやつ。

できる人2

普通な人6

できない人2

上記割合が成り立ちまっせ、という例のあれです。

昔、これを知った時に

「よし、できない人2に入ろう。」と思ったんですよ。

私ができない人だとしたら私以上の技術、スキルばっかりになりますよね。私が底だから。

なもんで、みんなの技術をドンドン上げてもらって、私は皆が快適に仕事してもらえるようにできない人として組織作りをしたいな、と思いました。

経営者がこの考え方をすると大変面白いですよ。

だって。

できる人9

できない人1(経営者)

この構図になるでしょ。

ここに持って行けると言わずもがな会社組織が俄然強くなるし、

できる人ばっかりなので全員自信をもって自分の仕事を任せることができるし、

最後のこれが大事なんですが、

・経営者がバカでどうしようもないから危機感もって仕事してくれる。

これが全てです笑

なので、いい仕事や大事な案件は社員の皆様に任せて、私は社員の皆様が嫌がるようなしょーもない仕事であったり、メンドクサイ仕事を率先してやらせてもらってます。

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・胡散臭い話だな、と思われたそこのアナタ。

わかってますよ、私がとてつもないへっぽこなだけだって事は(´;ω;`)

あー、優秀な社員になりたかった。。。

来週はもう最終週です、楽しい年末年始を送る為に気合い入れて過ごしましょうね♪

株式会社テラダの中の人は大きな仕事を終えたので年末年始の遊ぶことしかそろそろ考えれなくなってきたゆるい人です笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください