4つ爪

最近、よく4つ爪を使います。

普段はスクロールの3つ爪を乗せて運行しているのですが、ごく稀に4つ爪じゃないと、って時があるので、って当たり前か。

結構、面倒なんですよねチャックの交換って。

10インチなんで結構重量あるのでボルトも多くあるしホイスト使わないといけないし、大体の乗せおろしで20分くらいはがっつり掛かります。

それはいいんですが、普段3つ爪では生爪での加工がほぼ10割なんで若干芯が触れるのが嫌なんですよね、どれだけ取り付け時にナーバスになってもやっぱり振れますねぇ。あれなんとかならないのかな。

とか負の思いが多いので4つ爪はほんと嫌々です笑

もろに価格に反映されます笑

 

これ地味に6面共にICFフランジなんですよ。

エッジ加工が施してありますすごい手間です。

気づいたら時間が夜中22時過ぎて加工していました汗

でもこういう加工するときは4つ爪じゃないとできないので値打ちあるなぁと改めて再確認。

・・・3つ爪に付け替えたら生爪が若干振るからやっぱりやだなぁ、ってなるんですがね笑

大阪府の八尾市の株式会社テラダは超高真空装置に使われるICFフランジも問題なく加工できます♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です