バッキングプレート

って、図面に書いていましたが使い方はよくわかっていません。
だがしかし、めっちゃ勉強になる品物でした。

外径180φ t4 最薄部t2ミリ  反り0.1ミリ以下

最薄部と言ってもほとんど窪んでまして。

13718671_594114390762264_2578794252303376746_n

もう初めて作った製品は加工してる段階でNGってわかるくらい歪んできました。

一応、薄物旋盤加工が得意です!とうたってるのでこれくらい想定内です。と、思い再製作へとうつりました。

あにはからんや、全くできず(°Д°)

結局3枚つくりましたが3枚とも歪が止まらない。

チャッキング時は寸法でてるんですよ、でもリリースした瞬間「ペンッ」って聞こえませんが歪みます。

もちろん3枚とも段階踏んで治具レベル上げて行って、これでも歪むかこれでも歪むかと進んでいきました。

で、結局。

「もうこの禁断の技使っちゃうよ!」

って、くらいの最上級の技使ったら・・・なんとかできました。

±0.03程度の反り/肉厚のバラつきでした。

 

 

どっかの主人公みたいに必殺技隠さんと最初っから使っておけよ、って思いましたが、そこまでの手間はかけたくない!という思いからケチケチ出し惜しみしながらの製作と相成りました。だって面倒なんだもん。あ、面倒って邪魔くさいって意味じゃないですよ。手間がかかる、ってことです。手間かかるってコストかかるってことなんですよね。そういう意味です。決してダルー、メンドォーー、な方ではないのであしからず。

 

と、いう事で、ばっちり銅の薄物旋盤加工も得意なんとかできる

大阪府は八尾市の町工場 株式会社テラダ の中の人です♪

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください