ブラザー工業

ブラザーさん、と聞きますと私はやっぱりミシンを思い出します。

ミシンにはなんの縁もありませんがね。

世間的にはプリンターが人気ですよね、多分ですが日本よりも国外の方がブランドイメージいいかと思いますが。

 

さて先日、そんなブラザーさんの大阪は東大阪の水走(読めますか?正解は一番下へ)のショールームにて機械を見せて頂きました。

 

30番手のタッピングセンターのSPEEDIO S500X1です。

タッピングセンター・・・と書きましたがブラザーさんのHPではマシニングと明記されていました。では、その辺りの剛性はいかに!?

 

事細かく調べてきました。

カッティングのデモもして頂きまして大変参考になりました。

 

このマシニングは高トルク仕様ですので結構負荷は掛けれるみたいです。

 

この動画の材料はS45Cだったと思いますがしょっぱなのフェイスミルが3ミリの深さかけていたので結構な重切削できるんだな、と思いました。30番手でも刃物の使い方掛け方で結構実用に耐えれるんじゃないかな。とても印象よかったです。

 

性能もそうですがもう一つ確認したかった事は、使い勝手なんです・・・がこれまた想像してたのよりほんの少しよかったです(笑)

どれだけ単品で使えるのかどうか。

 

その1点を調べてきました。

 

 

・・

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・買いませんけどね(°Д°)

 

でも、先のお話ですがマシニングの候補に入ったことは間違いありません♪

現在、色々な機械が欲しい病を患っている大阪府は八尾市の町工場 株式会社テラダ の中の人です♪

 

あ、正解は水走でミズハイです(´∀`*)

 

株式会社テラダ

大阪府八尾市神武町1-82

072-943-2070 電話

072-943-2071 FAX


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください