銅、t1パイプ加工のその後。

こないだ作った銅のt1のパイプですが、

両端にフランジ(t3)が付いてメッキも施され完成されました。ちなみに両端のフランジはロウ付けです。

B73I_6BIIAA0DQM 10959068_385325211641184_6912869072976362826_n

 

 

銅のパイプってステンレスほど多様に種類がありません。

圧肉と呼ばれるのもせいぜいt5ですね。

だから上手いことあればできるだけそれを流用できる様に設計に掛け合ったり御願いしたりします(笑)今回みたいに近しいパイプが(110φのt5)あったから106φt1が加工できましたが、これが運悪く適合しない寸法だったら・・・丸棒からですよ(°Д°)(°Д°)(°Д°)

泣きながらドリル頑張ります。

10958932_385326964974342_2014148032462850966_n

 

 

そう、こんな製品の様に(笑)

丸棒からの削りだしでウエスト部t1です。

ドリルで身体鍛えながら仕事できるなんてなんて幸せなんでしょう(´∀`*)

そんな銅の薄肉パイプは個人的に大好きだぜ、な八尾市の町工場 株式会社テラダ の中の人です♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください