not ロードオブザリング

フロドに・・・サムになりたい。

また1から観ようかな。エクステンドエディションとか12時間超えるとか超えないとかだから気力いるけど(笑)

閑話休題

今日、sus304でリングの加工しました。(リング繋がり)

見た目はただのリングですが、そこここに精度が入っているので結構ストレスです。

あー、軽い(笑)

映画観たいなぁ。

そういえば、こないだ天才クリストファーノーラン監督の「ダンケルク」観てきました。

第二次世界大戦の有名な撤退作戦の映画だったんですが今まで観たことない内容でしたね。

観る前は全く内容知らなくて(笑)

ドイツがフランスのダンケルクでイギリス&フランス軍を追い込んでる。なわけでイギリスの方々が「皆の力」で頑張って撤退する。

ほんとこれくらいしか知らないくて(笑)

想像では、ドンパチバンバン・・・という感じでしたが内容は全く違う。

何が凄いって陸1週間、海1日、空1時間この3つの時間軸の流れで物語は進むんですよ。はじめは命からがら逃げる兵士、そして今度はダンケルクへ助けに行く民間の船長達、兵士を守る為に出撃するパイロット。特に明確な主人公はいないのですがこの3場面が順番に進みやがて最後に合わさる、という見事な演出素晴らしい最高やばいえぐい、です。

そして面白いことに無駄なセリフは一切なく。ノーラン監督が「翻訳代削減できただろ?」ってジョークを話すくらいセリフが少ない。

その代わりに映像、効果音、状況すべてに迫力、緊迫感があり100分の上映時間があっ!!!という間に過ぎていきます。

ドイツ軍から必死に逃げる兵士達

その兵士を守る為に命を懸けるパイロット

イギリス軍を救出するために犠牲をいとわない民間の船長達

この3つの場面がテンポよく組み合わされる怒涛の様な感動のラストは最高の映画間違いないです。

CG嫌いで有名な監督さんですのでマヂ戦艦やマヂスピットファイヤーをガチで動かし、はたまた逃がす兵士30万人を気合いで(段ボールとか総動員だそうで)表現する徹底的なこだわり。

これを映画館で見ないと何をみる?

できればIMAXで見てほしい。

・・・え、八尾アリオで普通にみましたけどね(笑)

八尾市の町工場 株式会社テラダの中の人は映画大好きです♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください